私が電験3種受験勉強の期間中に行った、モチベーション(動機づけ)を保つ方法について書いていきたいと思います。

1つ目は、「他の人の合格体験記を読む」です。

電験3種の合格体験記は、オーム社から出ている「新電気」という雑誌に載っています。
ただ、毎号必ず載っているわけではないので注意してください。

私は電験3種の受験に失敗した2年目~合格した3年目までの精神的に厳しかった期間中、「新電気」に載っている合格体験記をよく読んでいました。

いろんな年代の方が書いていて、高校の電気科を卒業したり、大学で電気工学を専攻した方が合格まで3~4年かかっていたり、自分よりも年配の50代の方が合格までに9年かかっていたりといった体験談を読むと、電気の専門知識のある方でも3年以上かかっているんだから、自分は2年目に失敗したからといってあきらめずに、苦しくてもあと1年がんばろう、という気持ちになりました。

ネット上の合格体験記だと、「1年で合格しました!」という方が結構いますので、自分の能力のなさ加減に勉強するのがいやになってきますが、そんな方は理系の高学歴出身者で、もともと電気や理系知識のベースがあるから短期間の勉強で合格できるのに決まっています!ので、私たちのような文系出身者は、理系知識ゼロからひとつひとつ積み上げていって、2~3年での合格をめざすべきだと思います。